特定調停の流れと時間

特定調停の流れと時間

債務整理の無料相談なら、ネットから匿名で気軽にシュミレーション!

債務整理でお悩みの方!法律相談所無料シュミレーターで一発解消。

匿名申込はこちらから

 

特定調停の流れと時間

 

特定調停の手続がどのような流れになってどのくらい時間が掛かるのか、これから具体的にご紹介します。

 

債務者が簡易裁判所に特定調停の申し立てを行います。       

特定調停の流れと時間

 

特定調停の申立後、1ヶ月ほどで裁判所から準備期日を知らせる呼出状が届くことになります。

 

準備期日にて裁判所との事前打ち合わせが完了すれば、実際に調停期日が開かれる日程が調整されることになります。

 

こちらも裁判所の混み具合によりますが、準備期日から1ヶ月後に指定されることが多いといえます。

 

その後、実際に債権者との話し合いが始まることになりますが、何回調停期日が開かれることになるのかという定めは特にありません。

 

一般的には3〜4回程度調停期日が開かれることが多いといえますが、話し合いが難航すればこれ以上期日が開かれることもありますし、調停成立があまりにも見込めない場合は、早々に調停不成立とされてしまうこともあります。

 

調停不成立がなく順調にいけば最終的にかかる期間としては、半年程度が多いといえるでしょう。

 

>>民事再生法の流れと時間

 

借金減額診断

ネットで40秒借金減額診断実施中!その借金減額出来ます。

今すぐ診断

 

このエントリーをはてなブックマークに追加