債務整理である自己破産

債務整理の無料相談なら、ネットから匿名で気軽にシュミレーション!

債務整理でお悩みの方!法律相談所無料シュミレーターで一発解消。

匿名申込はこちらから

 

自己破産

 

自己破産は、債務整理の中で最終手段といえる手続きと呼ばれております。    

 

他の債務整理を考慮しても借金を返済しきれない場合に取られる方法になります。

自己破産

 

この際、債務者が保有している時価で20万円以上の財産は、原則として処分され、債権者へ配当されることになりますので、もしマイホームを買って住宅ローンを払っていたとしても、住宅等の財産も処分されます。
また生命保険の種類によっても処分されます。

 

例えば、補償期間が決まっている掛け捨てタイプの場合は将来的には掛けた料金が戻ってくるとは限りません。

 

そのため財産としては認められないため自己破産をしても、その後も自分の保険を続けることができます。

 

但し解約した時に解約返戻金が戻ってくるようなタイプだったり、満期になった時にお金が返ってくるような積み立てタイプの契約の場合には、今後お金が返ってくることが保証されていますので財産としてみなされることがあります。

 

生命保険の場合には、加入者と契約者が同一である場合には財産としてみなされます。

 

学資保険などの場合でも同じです。

 

学資保険の場合も自己破産者が保険料を支払ってきた場合、処分の対象になってしまいます。

 

また弁護士・税理士・司法書士・宅地建物取引主任者・保険の外交員・警備員等の仕事には就けず、資格制限(職業制限)を受ける事になります。

 

以上の事から、なるべく回避できるのであれば出来るだけ回避して頂きたい方法です。

 

>>任意整理の流れと時間

 

借金減額診断

ネットで40秒借金減額診断実施中!その借金減額出来ます。

今すぐ診断

 

このエントリーをはてなブックマークに追加