債務整理である民事再生法

債務整理の無料相談なら、ネットから匿名で気軽にシュミレーション!

債務整理でお悩みの方!法律相談所無料シュミレーターで一発解消。

匿名申込はこちらから

 

民事再生法とは

 

個人再生とは、裁判所を介しておこなう債務整理手続きの中の1つで、借金の減額を目的とした手続きをいいます。

民事再生法

 

 

借金返済が出来なくなった場合に裁判所に申立てをして、借金の一部を原則3年間で払うことを条件に、残りの借金返済を免除してもらう多重債務解決方法です。

 

返済を減らすることによって、多重債務問題に悩まされている人の再生を図るということから、個人再生と呼ばれています。

 

個人再生の申請するには、継続的な収入がある方など、一定の要件がいりますのでご注意ください。

個人再生の特徴

 

利息制限法に基づいて再計算され、個人再生は利息分プラス元本も減額出来る。

 

自己破産と違いマイホームを残したまま個人再生の申請が出来る。

個人再生で住宅が守れる理由というのは、手続きの中に「住宅ローン特則(正式名称は住宅資金貸付債権に関する特則)」があるためです。
この住宅ローン特則を利用すれば、自己破産では処分されてしまうはずの自宅を保有したまま、その他の債務を減らせるというわけです。
ただし、住宅ローンが減額できるわけではありませんので、当然住宅ローンは契約どおり支払っていかなければなりませんので勘違いしないようにしてください。

 

>資格制限(職業制限)をうけません。

 

資格制限とは自己破産をすると、一定の期間職業についての制限を受けることになります。
多くの人は関係ありませんが、一部の職業の方にはその間働くことができなくなってしまう制度です。

 

制限を受ける職業リスト

 

弁護士

司法書士

税理士

公認会計士

行政書士

質屋

古物商

生命保険外交官

宅地建物取引主任者

警備員など

 

また、会社の社長、取締役についても資格制限を受けます。

 

上記以外の職業であれば、破産の手続きを行ってもやめる必要はありません。
例えば、会社員、医師、公務員などは制限されません。

 

>>債務整理である自己破産

 

借金減額診断

ネットで40秒借金減額診断実施中!その借金減額出来ます。

今すぐ診断

 

このエントリーをはてなブックマークに追加