債務整理後に住宅ローンは組める?

債務整理後に住宅ローンは組める?

債務整理の無料相談なら、ネットから匿名で気軽にシュミレーション!

債務整理でお悩みの方!法律相談所無料シュミレーターで一発解消。

匿名申込はこちらから

 

債務整理後に住宅ローンは組めるのか?

 

過去になんらかの事情で借金作ってしまって、どうにも返済が苦しくなり債務整理をする状況に陥ったが、その後は延滞することもなく
しっかり返済して完済して借金も無くなったが、その後、夢のマイホームが欲しくなった時に、過去に債務整理がある人は住宅ローンは
組めるの?という質問や不安に思っている方が多数いらっしゃるようです。

 

現在の収入金額や勤続年数にもよりますが、きちんと債務整理後に完済していれば住宅ローンを新たに組むことができる可能性が高いようです。

 

この章では債務整理後の住宅ローンについて詳しくご説明いたします。

 

債務整理等の個人情報は消える

 

自己破産、任意整理、個人再生など債務整理を行うと金融情報機関に事故情報が記載されます。
事故情報の記載がある状態では、住宅ローンは勿論の事、クレジットや小口ローン等一切出来ませんが
完済後5年経過するとそこから名前は消えることになっています。

 

よって 債務整理を行ったことが分かるのは、ご自身と借入先の金融機関になります。

 

住宅ローンなど借入れを行う際に最も重要になるのが信用情報です。
事故情報に登録がある状態では信用に欠けてしまいます。

 

住宅ローンの借入を申込には、完済後5年経過して事故情報を無くすことが重要になります。

 

債務整理を行った金融機関の申し込みを避ける

 

いくら5年期間が経ち債務整理の事故情報が消えても、債務整理を行った相手方である金融機関であれば独自の情報管理で永久的に過去の情報を管理している為、同じ金融機関およびそのグループ機関で住宅ローンの申請を行っても受理されない可能性が非常に高いです。

 

よって債務整理を行った際の借入先金融機関とそのグループ機関からの借り入れは難しいと思ってください。

 

申込だけ時間の無駄ですので、貴方が過去に債務整理を行っていない他の金融機関にターゲットを絞って下さい。

 

自分の信用情報を確認する

 

ご自身の信用情報は、簡単な申請で閲覧することができます。

 

閲覧したい場合には、指定信用情報機関に直接訪問し開示申請を行うことで見ることができます。

 

もし、完済後5年経過したのにブラックリストに記載されているなど誤った情報が載っていた場合には、きちんと訂正しておく必要があります。

 

住宅ローンを申込む前に、債務整理を過去に行ったことがある方は自分の信用情報について確認しておいた方がベストです。

 

>>債務整理費用

 

借金減額診断

ネットで40秒借金減額診断実施中!その借金減額出来ます。

今すぐ診断

 

このエントリーをはてなブックマークに追加