債務整理のメリット・デメリット

債務整理のメリット・デメリット

債務整理の無料相談なら、ネットから匿名で気軽にシュミレーション!

債務整理でお悩みの方!法律相談所無料シュミレーターで一発解消。

匿名申込はこちらから

 

債務整理のメリット・デメリット

 

何度も説明していますが債務整理には「任意整理」「民事再生法」「特定調停」「自己破産」があります。

 

ここではそれぞれのメリット・デメリットを解説します。

 

 

任意整理のメリット

 

債務整理のメリット・デメリットすでに完済している場合は、過払した分の金額が返ってきます。

 

債務整理のメリット・デメリット取引期間が長い場合は、請求されていた借金がゼロになり過払い分が戻ってきます。

 

債務整理のメリット・デメリット取引期間が短い場合には、借入残高が減少します。

 

債務整理のメリット・デメリット受任する事により、解決まで返済がストップします。

 

任意整理のデメリット

債務整理のメリット・デメリット過払い請求をした会社のクレジットカードは使えなくなります。

 

債務整理のメリット・デメリット法定利息で再計算しても借金が減額するだけで借金が残った場合は、任意整理となり信用情報機関に情報が登録され情報が抹消されるまでローンが組めなくなります。

 

特定調停のメリット

 

債務整理のメリット・デメリット他の債務整理に比べたら自分で申し立てが出来るので費用が安く付きます。

 

債務整理のメリット・デメリット任意整理と同様に借金をした当初にさかのぼって利息制限法の上限金利(15〜20%)まで金利を引き下げて再計算すること(引き直し計算)により借金を減額することが可能です。

 

債務整理のメリット・デメリットどの債権者と合意するのかを自由に選ぶことができ財産を維持することができます。
※例えばカーローンは外して消費者金融のみ和解をするとか選ぶ事が可能。

 

債務整理のメリット・デメリット資格制限がなく,自己破産すると就くことができない職業の方(例えば,警備員,生命保険の代理店等)も利用できることも任意整理と同様です。

 

 

特定調停のデメリット

 

債務整理のメリット・デメリット特定調停を申し立てると債権者からの取立行為は原則として止まりますが,申立を行うには各種の書類等を作成・準備する必要があります。
これらの手続に時間がかかると,それだけ債権者からの督促が止まるまで時間がかかることになります。

 

債務整理のメリット・デメリット特定調停とは、あくまでも現在の借金を利息制限法の上限金利(15〜20%)に引き直して減額さ
れた借金をどのくらいの期間で支払っていくのか,という合意をする制度にすぎず,過払い金の回収は出来ません。

 

したがって,一部の債権者に過払い金が発生していた場合は,別途過払い金返還請求訴訟を裁判所に提起する必要があります。

 

債務整理のメリット・デメリット特定調停が成立すると調停調書が作成されますが,債権者はこの調停調書により強制執行ができます。
このため,調停調書どおりに返済ができなくなった場合には,直ちに給料の差押えなどの強制執行がされてしまう危険性があります。

 

債務整理のメリット・デメリット特定調停は必ずしも債務整理の専門家ではないため,調停員の能力や経験によって引き直し計算をしない調停,将来利息を付した調停など,結果的に申立人にとって不利な調停内容になる場合もあります。

 

特定調停によって分割返済するという和解を組んだものの,改めて借金額を調査してみると,既に払い終わっていたばかりか過払い金が発生していたというケースも少なくありません。

 

債務整理のメリット・デメリット特定調停は債権者との合意に基づく債務整理方法ですので,債権者が同意しないと調停が成立せず債務整理が永遠にできないケースも出てきます。

 

>>債務整理のQ&A

 

借金減額診断

ネットで40秒借金減額診断実施中!その借金減額出来ます。

今すぐ診断

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

民事再生のメリット

 

債務整理のメリット・デメリット借金を大幅にカット出来ます。

 

債務整理のメリット・デメリット住宅や車など財産を処分されません。

 

債務整理のメリット・デメリット手続き中は職業規制がされません。
※例えば,警備員,生命保険の代理店等に職業として就く事ができます。

 

民事再生のデメリッ

 

債務整理のメリット・デメリット住宅ローン、カーローン、奨学金等など全ての債務の手続きを対象にしなければいけない。

 

債務整理のメリット・デメリット裁判所の官報に掲載されます。

 

債務整理のメリット・デメリット信用情報機関に情報が登録され情報が抹消されるまでローンが組めなくなります。

 

債務整理のメリット・デメリット申し立て準備書類が複雑で苦労する。

 

自己破産のメリット

 

債務整理のメリット・デメリットこれまでの借金が免除され、悩みの種であった多重債務問題が全て無くなります。

 

債務整理のメリット・デメリット債権者の督促行為が禁止され電話や訪問が無くなります。

 

債務整理のメリット・デメリット破産決定後の収入は全て自分の収入となります。

 

債務整理のメリット・デメリット精神的な苦痛から逃れスッキリした気持ちになれます。

 

自己破産のデメリット

 

債務整理のメリット・デメリット自己破産すると弁護士・税理士・司法書士・宅地建物取引主任者・保険の外交員・警備員等の職業に就けなくなります。
※ただし免責を受けると資格制限は無くなります。

 

債務整理のメリット・デメリット信用情報機関に登録される為、一定期間(7年〜10年)ローンやクレジットを利用することが難しくなります。

 

債務整理のメリット・デメリット車や住宅等財産は、手放さなくてはならなくなります。

 

債務整理のメリット・デメリット保証人がいる借入については保証人に責任が及び迷惑を掛ける事になります。
官報に掲載されます。

 

次は債務整理のQ&Aについて解説します。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加