ブラックリストについて

ブラックリストについて

債務整理の無料相談なら、ネットから匿名で気軽にシュミレーション!

債務整理でお悩みの方!法律相談所無料シュミレーターで一発解消。

匿名申込はこちらから

 

ブラックリストについて

 

よく金融機関のブラックリストに載ってしまったと言うことを聞きますが

 

実は「ブラックリスト」というリスト自体は,金融業界では存在しません。  

ブラックリストについて

 

それでは何を指してそのような言葉が使われているのでしょうか。

 

クレジットカードを作ったりローンを組んだ場合,顧客情報が「信用情報機関」に登録されます。

 

しかし,ある一定期間返済が滞ったり,破産が生じた場合,「事故情報(異動情報や延滞情報)」として登録されてしまいます。

 

これを通称「ブラックリスト」と呼んでいます。

 

事故情報(異動情報や延滞情報が登録されると、新たに借入する事が困難になります。

 

例えば下記の手続きをしても審査に落ちる確率が非常に高くなります。

 

 

ショッピングローン

 

自動車ローン

 

住宅ローン

 

クレジットカード

 

 

事故情報が抹消されない限り、現金支払いで生活をしていかなければなりません。

 

それでは通称「事故情報」の登録期間はどの位で抹消されるのか解説していきます。

 

「事故情報」の登録期間

 

 

支払予定日より3ヵ月間支払いが遅れた場合・・・5年間

 

自己破産・・・7年〜10年間

 

個人再生・・・7年〜10年間

 

任意整理・・・5年間

 

特定調停・・・5年間

 

 

 

もしご自身の事故情報を確認したい場合には、各信用情報機関の「本人開示制度」により手続をすればあなたの情報を確認することができます。

 

信用情報機関に出向き,開示請求の申し込みをすれば直接見ることができますが,郵送でも可能です。

 

本人以外が申し込みをすることもできますが、実際に開示された情報を受け取るのは本人のみとなりますのでご注意ください。

 

各信用情報機関のホームページに開示手続方法が掲載されていますので,ご確認ください。

 

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

 

株式会社 シー・アイ・シー(CIC)

 

開示相談コーナー

 

株式会社日本信用情報機構

 

 

ご参考までに、どうしても車のローンや物販でのローンが組みたいから事故情報を故意で真抹消出来ないかと問い合わせされる事がありますが、登録期間を過ぎるまで絶対に事故情報を抹消する事はできません。

 

たまに、インターネットの広告で「ブラックリスト消します」と宣伝している所がありますが絶対に不可能な事ですのでインチキ商法に引っ掛からないようにしてください。

 

>>借金の消滅時効

 

借金減額診断

ネットで40秒借金減額診断実施中!その借金減額出来ます。

今すぐ診断

 

このエントリーをはてなブックマークに追加