債務整理後にローンは組める?

債務整理後にローンは組める?

債務整理の無料相談なら、ネットから匿名で気軽にシュミレーション!

債務整理でお悩みの方!法律相談所無料シュミレーターで一発解消。

匿名申込はこちらから

 

債務整理後にローンは組めるのか

 

債務整理した後、借金もなくなって再びローンを組むことは可能なんでしょうか?
YES!時間が経てば可能です。 

 

 

特に若いこれからの人であれば、今後の人生を全て現金払いでやっていく事はなかなか難しいと思います。  

債務整理後にローンは組める?

 

また債務整理をしているとブラックリストに載っているため、借入できないのではないか…と不安に思っている方も多いのではないでしょうか。

 

現在の収入状況にもよりますが、きちんと債務整理後に完済していればローンを新たに組むことができる可能性があります!

 

ローンの審査の仕組みを説明します。

 

消費者金融やカード会社ではローンの申し込みがあると個人情報機関に申し込み者の借入情報を照会します。

 

そこに過去の借入状況や返済履歴が掲載されます。

 

その情報を参考にして審査を行います。

 

当然個人情報機関に「債務整理」の記録が残っている期間での借り入れは審査に落ちます。

 

個人情報機関の保有する情報は統一ではなく、それぞれに保有期間が定められています。

 

よく「5年で情報が消える」と言われているのは延滞などのいわゆる「事故情報」です。

 

「破産」や「個人再生」の情報の場合、7年〜10年間は記載されていることが一般的だと言われています。

 

しかし個人情報機関の情報は参考にされるものですので、実際は消費者金融やカード会社

 

によっては事故情報があってもローンを組める場合がありますが、各会社によって審査の基準が異なりますので一概にはいえません。

 

一般的に債務整理後にローンが組めるのは、だいたい5年〜7年経ってからじゃないと難しいでしょう。

 

ただし、債務整理をした消費者金融やカード会社での借り入れは永久的に難しいと言えます。

 

なぜなら個人情報機関の情報は消えても、自社の過去の情報は残っているからです。

 

ですから再度ローンを組むのでしたら、債務整理をした事がない消費者金融やカード会社に申し込めばローンが組める可能性は高いです。

 

>>ブラックリストについて

 

借金減額診断

ネットで40秒借金減額診断実施中!その借金減額出来ます。

今すぐ診断

 

このエントリーをはてなブックマークに追加