あなたの借金、減すコツをこっそり教えます〜債務整理無料相談口コミサイト

あなたの借金、減すコツをこっそり教えます〜債務整理無料相談口コミサイト

お勧めダウンロード アプリ


債務整理の無料相談なら、ネットから匿名で気軽にシュミレーション!

債務整理でお悩みの方!法律相談所無料シュミレーターで一発解消。

匿名申込はこちらから

 

利息制限法と出資法

 

お金の借り貸しの利息は法律によって上限を設けられています。

 

それが利息制限法と言われるものです。

 

今日では下記のように借入元本に対して利息が決まっています。

 

元本が100,000円未満の場合、年利20%

 

元本が100,000円以上1,000,000円未満の場合、年利18%

 

元本が1,000,000円以上の場合、年利15%

 

2010年以前の日本にはお金を賃貸契約をする時に貸主が有利にならないように金利の上限を設けてる出資法という法律があったため2010年の出資法改正までの 消費者金融やカード会社はこの出資法の金利を適応していました。

 

出資法と利息制限法では上限が違っており、利息制限法よりも出資法のほうが金利が高く設定されておりこの二つの規制金利の差がいわゆるグレーゾーンと言われているものです。  

債務整理,借金相談,借金減額,法律事務所口コミ

 

因みに出資法は下記の説明のように幾度もの改正を経ています。

 

1983年には、貸金業者の貸付にかかる刑罰金を年109.5%から年40.004%へと引き下げることを主たる内容とする改正がなされました(しかし、同改正法には二段階の経過措置が設けられ、40.004%への金利引下げは1991年10月になってようやく実現されています)。これにより、グレーゾーン金利が縮小されました。

 

同改正法は、同時に制定された「貸金業の規制等に関する法律」(2006年改正に伴い「貸金業法」に改称)とともに、サラ金規制法と称されて注目されました。その後も段階的に金利が引き下げられ、2000年(平成12)には、いわゆる商工ローン問題を契機とした貸金取立て行為の規制とともに、刑罰金利を年40.004%から29.2%へと引き下げることを主たる内容とする改正がなされています。 

 

2010年の出資法改正まで多くの消費者金融やカード会社では20%〜29.2%の間で金利が設定されていましたが殆どの消費者金融やカード会社は年利29.2%で契約していました。

 

また顧客から更なる高金利を得る為に、顧客へ無茶な貸付を行ったりして各社が貸付残高競争に走ってしまった事が多重債務者を多く生み出してしまう結果となります。
もしかしたらこのサイトをご覧になられてるという事は、貴方もローンの返済で苦しんでいるのではないでしょうか。 

 

もしそうであfれば、このサイトの情報で、晴れて第二の人生が送れるキッカケになって頂けたら幸いです。

 

>>債務整理とは

 

借金減額診断

ネットで40秒借金減額診断実施中!その借金減額出来ます。

今すぐ診断

 

このエントリーをはてなブックマークに追加